蚕業技術研究所
研究所の概要

当研究所は、昭和15年3月東京府北多摩郡小平村(現東京都小平市)に設立された(財)蚕糸科学研究所小平養蚕所を源流とし、昭和28年に(財)大日本蚕糸会蚕糸科学研究所小平支所となり、昭和49年4月茨城県稲敷郡阿見町への移転を契機に蚕品種研究所として独立し、さらに平成11年12月に蚕業技術研究所に改編し研究業務の領域を拡大した。

これまで中小蚕種製造業者の要請に応え、すぐれた蚕品種を育成してきた。近年においては遺伝学的・生理学的研究の成果から、雌雄判別が容易な四元交雑蚕品種や低コスト人工飼料に適する広食性蚕品種を作出し、蚕糸絹業の発展に寄与してきた。

現在は蚕業技術研究のセンターとして様々なニーズに応え、新しい価値を生み出す研究を推進している。

蚕飼育施設と桑園

Copyright2007-The Dainippon Silk Foundation All rights reserved.