養蚕の歴史

古代(こだい)〜江戸時代
明治〜第二次世界大戦
戦後〜現在
皇居で作られた繭を使って正倉院の宝物の織物を復元
今にのこる風習・ことば

カイコからのおくりもの トップへもどる

古代〜江戸時代

カイコを育てて繭(まゆ)をとることを養蚕(ようさん)といいます。
養蚕(ようさん)は、中国の黄河や揚子江流域で野生のクワコを家畜化したのがはじまりといわれます。今から5,000〜6,000年も前のことです。

はじめは中国の宮廷内だけで秘密に行われていた養蚕も、紀元前1000年くらいになると、一般の農家に養蚕をさせるようになりました。でも、できた絹は、宮廷ですべて取り上げてしまいました。
紀元前200年くらい、漢の時代になると西域との貿易が始まり、異民族を支配するためのほうびとして使われました。こうして、絹の魅力は、中近東へ、そして、ローマまで広まっていきました。やがて、この交易ルートが「シルクロード」(絹の道)といわれ、東西文化の交流に多くの役割をはたしました。

卑弥呼の時代には中国に絹織物を贈っていた 日本の養蚕
日本への養蚕技術が伝わったのは紀元前200年くらい、稲作といっしょに中国からの移住者(日本人の祖先のひとつ)が、伝えたといわれています。さらに195年には百済から蚕種が、283年には秦氏が養蚕と絹織物の技術を伝えました。
奈良時代には、東北・北海道を除き全国的に養蚕が行われ、産地ごとに等級が決められていて、税として朝廷に集められました。
平安時代になると服装も日本風に変わり、日本独自の紋様の絹織物が作られるようになりました。鎌倉時代になると質素を好む武士が中心となり、京都の織物は衰退しましたが、地方の産業振興が行われ、絹織物の技術が地方にも広がっていきました。
室町・桃山時代になると、中国から糸に撚りをかける撚糸(ねんし)の技術が伝わり、西陣織が生まれました。京ちりめん、丹後ちりめんなどがこのころから作られるようになりました。能装束や小袖飾りなど実用性を離れ権力を誇示するためのものが多くなりました。

日本の銅がなくなるくらい生糸を輸入した江戸時代
江戸時代になると、武士以外の人びとの絹着用は禁止されましたが、能装束や小袖などの高級織物は保護され、中国から生糸が輸入され、その支払いには国産の銅があてられました。輸入の増加により国内の銅の大半がなくなるほどでした。こうして幕府は、中国からの生糸の輸入を減らすため養蚕を奨励しました。一方、各藩でも財政の建て直しや下級武士の救済のために、西陣から技術を学び、金沢の友禅染め、山形の米沢織、茨城の結城紬、仙台の仙台平など独自の織物を生み出しました。

養蚕(ようさん)の歴史 ページトップへ▲

明治〜第二次世界大戦

江戸時代末から勧められた製糸の機械化は、明治時代になるとさらに進み、殖産興業(しょくさんこうぎょう)方針により、1872年には群馬県の富岡に官営富岡製糸場がフランス人の設計で建設され、フランス式の最新機械が導入され、フランス人指導者のもとで多くの技術者たちが育ち、各地の製糸技術の向上に貢献しました。

また、関東・中部地方を中心に近代的な製糸工場が建設されました。同時に繭を作る養蚕農家も全国に広がり、養蚕業の最盛期1930年代には、農家の40%で養蚕が行われていました。

日本の近代化を支えた生糸
明治から昭和初期にかけて生糸は日本からの輸出70%〜40%を占めていました。
1900年ころからは中国を抜いて世界一の生糸輸出国になりました。最大の輸出先はアメリカでした。つまり、生糸が稼いだお金で近代化のための機械などを買っていました。

化学せんいの登場により生糸生産量は減少
成長を続けた養蚕業にも転機がきました。1929年アメリカから広がった世界恐慌により生糸が売れなくなりました。さらに、1940年には生糸の最大の輸出先のアメリカで、生糸に代わってナイロンが使われるようになりました。その後、低価格で大量生産ができるさまざまな化学せんいが開発されるようになりました。

養蚕(ようさん)の歴史 ページトップへ▲

戦後〜現在、そして

戦後の復興期を経て、昭和30年〜40年頃に再び養蚕はピークを迎えます。
その当時の様子を聞いたことがありますので紹介しましょう。

朝の5時から夜まで、桑畑と家をトラックで行ったり来たり
現在は桑の木の垣根で囲った畑で野菜を作る神奈川の白井さんの話です。
普通は倉庫に桑の葉を貯めておくんだけど、たくさん蚕を飼うと倉庫の分では間に合わなくなって、5齢にもなると畑でとった桑をトラックで運んで、そのまま蚕に与えて、また畑に桑採り、朝の5時から夜の10時まで、家中で大変だったよ。当時は新聞社なんかで、養蚕農家の表彰もやっていて、それをもらったりもしたよ。真っ黒になって一生けんめい働いたってことだね、と最後に付け足しました。

昭和初期の養蚕農家の収繭光景
おじいちゃん、おばあちゃんから子供たちまで家族総出で繭を集めています。いそがしい養蚕を終えて、子供たちまでほっとした表情で仕事をしています。回転マブシが普及する前で、ワラで編んだマブシから繭を取っています。

その後、都市近郊の宅地化や農業人口の減少、さらに化学繊維の発達により、養蚕農家は急速に減少しました。こうして、かつては世界一位の生産量を誇った日本の繭生産量は、現在では最盛期の1%以下になっています。しかし、衣類ばかりでなく、化粧品、食品などに繭が利用されるようになり、良質で安全な日本の繭への需要は強く、新しい養蚕業の創出が求められています。

養蚕(ようさん)の歴史 ページトップへ▲

皇居で作られた繭を使って正倉院の宝物の織物を復元

皇室では古くから養蚕が行われてきました。一時中断していましたが、明治になり復活、皇后陛下が行われる養蚕ということで「皇后御親蚕(こうごうごしんさん)」といわれ、皇居の紅葉山御養蚕所でカイコが飼育されています。

皇室で飼育されているカイコのなかに「小石丸」という日本産種のカイコがいます。江戸時代から明治時代にかけて養蚕の主流でしたが、糸が細く収量が少ないので改良品種に代わってしまい、現在では飼育されているのは皇室と、特別な注文に応じて飼育する一部の養蚕家だけとなってしまいました。

この「小石丸」の糸の太さが古代の糸に近いことから、正倉院に保存されている織物の復元に使われました。

小石丸の繭(まゆ)ってどんな?
写真左が小石丸です。右が現在の一般的な繭です。
小型で細くくびれがあるのが特徴です。ひとつの繭(まゆ)から取れる糸の長さは小石丸の場合400〜500メートルと短く、糸の太さも普通の繭糸にくらべ細いのが特徴です。

養蚕(ようさん)の歴史 ページトップへ▲

今にのこる風習・ことば これもそうなんだ

繭玉飾り
お正月になると商店街やスーパーの店先に飾られる繭玉かざり。今は丸い発泡スチロールのポールになったけれど、昔は小正月といって旧暦1月15日におもちで繭の形を作り木の枝に飾って、その年の豊作を祈る行事でした。

蛾眉(がび)
ガのまゆげって何?昔は美人の女性のことを蛾眉(がび)といいました。
ガのまゆげが三日月形で美しいころから、美人の女性を指すようになりました。たぶんカイコガのまゆげ(じつは触覚)からの連想でしょう。昔はチョウとガの区別はありませんでした。ヨーロッパから生物学が伝えられ区別されるようになりました。

カミナリさんは桑がきらい くわばらくわばら
くわばらって桑原と書きます。なんでカミナリが鳴ると「くわばらくわばら」と言うんだろう。昔、農家に落ちたカミナリが井戸に閉じ込められて、井戸から出してもらったお礼にカミナリは桑がきらいだと教えたという伝説や、学問の神様菅原道真(すがわらのみちざね)が九州に追われてから京にカミナリや疫病がはやり、菅原道真の領地が桑原だったことから、カミナリが鳴るとここはあなたの領地の桑原ですよ、だからおこらないでくださいと言うとの説があります。とにかく、カミナリが鳴ったら安全な場所に避難しよう。

調べてみよう あなたのまちにも「絹の道」があるかもしれないよ
今は交通渋滞の道路や通勤ラッシュの鉄道も、昔は「絹の道」だったかもしれないよ。奈良・平安時代の絹の道は、各地からみやこに生糸が調(税金)として運ばれた道です。中世になると京都やその周辺の織物染物の産地に生糸が運ばれた道です。明治以降になると生糸・絹織物の輸出が盛んになり、横浜や神戸に全国から集められるようになり、道路や鉄道が整備されました。
こうした絹の道は各地の文化交流や情報伝播にも大きな役割をはたしました。

東京西部の絹の道
八王子は古くから絹織物で栄えていましたが、江戸時代の終わりころから生糸の輸出が始まり、長野県、山梨県、埼玉県西部、群馬県の生糸が八王子を通り横浜に運ばれるようになりました。現在の国道16号線とほぼ同じルートです。また、1889年には甲武鉄道(現在のJR中央線)、1908年には横浜鉄道(現在のJR横浜線)などの鉄道が、生糸を横浜に運ぶために建設されました。

養蚕(ようさん)の歴史 ページトップへ▲

Copyright2007-The Dainippon Silk Foundation All rights reserved